資本金の払い込みをおこなう

会社設立ガイド

資本金の払い込みをおこなう

定款を作成したあとに、会社の社員(出資者)で話し合った資本金を銀行に払い込みをおこないます。

●資本金の払い込みは振込みで!

資本金は代表者個人の口座に払い込みをおこないます。
通帳は現在持っているものを使用しても、新しく作ってもOKです。
資本金を払い込むときには、預け入れではなく、振込みでおこなうことが重要です。
なぜかというと、振込みをおこなうと、振り込んだ人の名前が通帳に記載されますよね。複数の社員がいる時は、誰がいくら振り込んだのかの証明になるからです。つまり、代表者個人も自分の通帳に振込みをおこないます。

●通帳のコピーをとりましょう

通帳に資本金を振込んだら、提出書類として必要になりますので、以下の部分のコピーをとりましょう。
1.通帳の表紙
2.通帳の1ページ目(銀行名、口座番号、名義人が記載されている)
3.資本金が振込まれたページ

●払込証明書を作成しましょう

1.最初に「払込証明書」と記載します。
2.「当会社の資本金については以下のとおり、金額の払込があったことを証明します。」 と記載します。

3.「払込を受けた金額  金○○万円」 と記載します。
4.「平成○年○月○日」 と日付を記載します。日付は払込を終えた日以降の日付にしましょう。
5.会社の「住所、会社名、代表社員  ○○ ○○ 」と記載し、代表社員印(実印)を押します。

払込証明書と通帳コピーの1、2、3を順番に並べ(紙のサイズは図はA4サイズに統一しましょう。)左側をホチキスで2ヶ所閉じます。つなぎ目には、会社代表社印(実印)で契印をします。
この書類は、登記申請のときに提出します。