定款を作成しよう

会社設立ガイド

定款を作成しよう

定款とは、会社の憲法にあたります。
つまり、会社設立前に会社のルールーを社員で話し合い作成します。

●絶対的記載事項

1.商号

2.目的

3.本店所在地

4.社員の氏名または名称及び住所

5.社員の全員を有限責任とする旨

6.社員の出資の目的及びその価額または評価の基準
以上の6つは、定款に絶対に記載しないといけないものです。
つまり、これだけを記載すれば、定款は作成できるのです。

それ以外にも、

●相対的記載事項

業務執行社員や、代表社員など、社員全員で決めたことを実際に、効力を発揮させるために記載する事項です。

●任意的記載事項

特に定款に記載しなくても、問題はありません、しかしこの任意的記載事項も記載をしていた方が便利であったり、運営自体の流れがスムーズに行くそしてより会社の規則としてのイメージも付くというような事項です。営業年度の定めなどがあります。

会社の業種や特色によって、定款に定めておかなければならない事項はちがいます。
定款形式などは、書籍やインターネットから見ることができますので参考にしてみて下さい。
法務局にて専門家の方の相談等もおこなっていますので、作成時にはぜひ利用することをおすすめします。